Googleスライドとは?

ITリテラシー学習
ITリテラシー学習

Googleスライドはオンラインでプレゼンテーション資料が作成できることが魅力ですが、一方で注意しなくてはいけないこともあります。
今回はGoogleスライドの操作方法やPowerPointとの違いについてご紹介します。

Googleスライドとは

Google社が提供しているプレゼンテーションソフトです。パソコン、スマートフォン、タブレットなどあらゆるデバイスに対応しており、場所を問わず作成・編集ができます。またGoogleアカウントさえ持っていれば無料で使用できます。

Googleスライドの使い方

※PCで利用する流れで説明しています。
※予めGoogleアカウントにログインしている状態で説明をします。Googleアカウントを持っていない方はアカウントを制作後、ログインしてください。

(1)Googleスライドを開きましょう。Googleスライドはこちら
次に「新しいプレゼンテーションを作成」の空白(赤枠)をクリックしましょう。

(2)プレゼンテーション画面が表示されます。保存すると先ほどのTOP画面に保存したファイルが表示されます。

Googleスライドとパワーポイントとの違い

プレゼンテーションツールにはGoogleスライドとパワーポイント、またはApple社のkeynoteなど種類があります。各ソフトはそれぞれ特徴があります。Googleスライドのメリット・デメリットを見ていきましょう。

Googleスライドのメリット

一番のメリットは無料でオンラインで使用できるため、気軽に対応できることです。保存先もGoogleのサーバーのため、何ファイル制作してもPCの容量には影響はありません。オンラインで使用できることで共同作業に向いています。1つのプレゼンテーションソフトの各スライドをリアルタイムで分業とすることもできます。またGoogleスプレッドシートで計算したグラフをGoogleスライドに配置することも容易にできます。

またKeynoteでも言えることですが、パワーポイントの歴史が長いため、パワーポイントのテーマは見慣れたものが多い印象があります。それに比べてGoogleスライドのテーマはあまり見慣れていないため新鮮味があります。

Googleスライドのデメリット

PDF化した場合に崩れる可能性があります。フォントや装飾が原因ですが、PDF化したときに崩れがないか欠かさずチェックしましょう。また日本語フォントがパワーポイントに比べて圧倒的に少ないこともデメリットです。

一番のデメリットはビジネスでは基本的にパワーポイントを使用する機会が多いです。プレゼンテーションは誰かに対して行います。社内・社外問わず、対象の人がパワーポイントを使用している場合はパワーポイントを使用しなければなりません。Googleスライドのデータをパワーポイントのファイルに変換することは容易に可能ですが、フォントの問題もあり崩れる可能性があります。それであれば最初からパワーポイントを使用して制作した方が安全で尚且つ早いでしょう。

練習問題

Googleスライドにこの検索したフリー画像を配置する場合、ダウンロードしてアップロードする以外にどのような方法があるでしょう?

答え

画像のように検索したブラウザからドラッグ&ドロップで移動することができます。但しフリー画像によってはダウンロード必須のファイルもあるため、画像のように利用する場合は、各サイトの利用規約を読んで問題ないか確認しましょう。

POINT

Googleスライドのメリットとデメリット、またはパワーポイントとの違いを覚えておきましょう。
*社内でツールダウンロード利用が禁止されている場合は、事前に情報システム部等へお問い合わせください。

menter_logo

[転職希望者限定]
『MENTER PERSONAL』
3ヶ月間 0円キャンペーン!!

「MENTER PERSONAL (メンターパーソナル)」は、ITスキルを身につけることでこれまで未経験であった職種への転職、副業、独立、スキルアップを支援するサービスです。
転職希望者に限り3ヶ月間サービスを0円でご利用頂けるキャンペーンを実施中!

*教材/リモート面談/転職支援サービスを提供
*キャンペーン適用条件1:WHITE㈱の転職支援サービス利用
*キャンペーン適用条件2:期間内に指定カリキュラムの受講
*適用条件に満たない場合はサービス提供中断させて頂く場合がございます(料金請求することはありませんのでご安心ください)

店舗販売員、飲食業などオフィスワーク未経験から転職も。
サービス詳細や転職成功者のストーリーを‍見る
*お問い合わせ時に「ブログを見た」と備考欄に入力ください。

menter_logo

[法人向け]
文系DX人材育成なら『MENTER』

「うちの会社はITリテラシーが低い...」
「DXを行うには人材育成から始めなくては...」
「自動化やAI理解できる社員が増えたらな...」

デジタルに強い人材育成を行うオンライン学習サービス『MENTER』が、そんなお悩みを解決します!

・マンガで楽しくインターネットについて学習
・ショートカットキーからAIの設計まで
・大手企業の導入事例/成功事例あり
・DX人材育成について相談/事例集請求/無料トライアル/ITリテラシー無料診断可能

MENTER紹介ページを‍見る
お問い合わせは ‍こちら

ITスキルアップ相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました