おすすめのフォントの種類や参考書

ITリテラシー学習
ITリテラシー学習

フォントには多種多様な種類が存在し、状況に応じて適切なフォントを使用することが重要です。
今回はおすすめのフォントなどを紹介します。

フォント

「フォント」とは文字を表現するための手段であり、また文字の種類のことを指します。元々は文字の種類のことは「書体」と呼んでいましたが、現在は「フォント」と「書体」は同じ意味で利用されます。

フォントの種類

フォントは様々な分類がされています。まず言語により表現できる書体が変わります。基本的に欧文フォントには日本語は含まれていないため、日本語を使用する場合は和文フォントを利用します。逆に英語を使用する場合は欧文フォントを使用することで、文字を綺麗に表現することができます。


資料作成におすすめのフォント

和文フォントや欧文フォントには、膨大な数の書体が用意されています。和文フォントや欧文フォントの組み合わせにより、伝わるイメージも変わります。下記に有名で資料作成に利用しやすい書体を記載しました。どのフォントを使用すれば迷ううちは、下記のフォントを使用しましょう。

【和文フォント】
ゴシック体:メイリオ、遊ゴシック
明朝体:ヒラギノ明朝、リュウミン

【欧文フォント】
サンセリフ体:Segoe UI、Gotham
セリフ体:Times New Roman、Baskerville


WEBフォント

WEBサイトに表示される文字は、そのユーザーがパソコンにインストールされている書体が表示されます。そのためWEBサイトを作るときは、予め「このフォントがあればこちらのフォントを表示、なければこちらのフォントを表示」等の設定をします。

ただ現在はインターネット上で提供されているフォントを呼び出す、またはサーバに予めフォントをアップしておくことで表示させる「WEBフォント」が主流です。代表的なサービスではGoogleフォントがあります。
https://fonts.google.com/


フォントの調べ方

WhatTheFontというサービスがあります。文字画像をアップロードやブラウザ上で選択すると、対象のフォントを調べることができます。https://www.myfonts.com/WhatTheFont/


オススメ参考書

フォントの世界は奥が深いため、理解するのには時間がかかります。
オススメの参考書として「となりのヘルベチカ マンガでわかる欧文フォントの世界」という本が、漫画で欧文フォントの基礎を楽しく学べます。興味がある方はぜひ読んでみてください。https://amzn.to/2QvcjVG

POINT

フォントには長い歴史があります。フォントの作られた背景を知った上で、フォントを使用することで、説得力のある資料やデザインを制作することができます。

menter_logo

[転職希望者限定]
『MENTER PERSONAL』
3ヶ月間 0円キャンペーン!!

「MENTER PERSONAL (メンターパーソナル)」は、ITスキルを身につけることでこれまで未経験であった職種への転職、副業、独立、スキルアップを支援するサービスです。
転職希望者に限り3ヶ月間サービスを0円でご利用頂けるキャンペーンを実施中!

*教材/リモート面談/転職支援サービスを提供
*キャンペーン適用条件1:WHITE㈱の転職支援サービス利用
*キャンペーン適用条件2:期間内に指定カリキュラムの受講
*適用条件に満たない場合はサービス提供中断させて頂く場合がございます(料金請求することはありませんのでご安心ください)

店舗販売員、飲食業などオフィスワーク未経験から転職も。
サービス詳細や転職成功者のストーリーを‍見る
*お問い合わせ時に「ブログを見た」と備考欄に入力ください。

menter_logo

[法人向け]
文系DX人材育成なら『MENTER』

「うちの会社はITリテラシーが低い...」
「DXを行うには人材育成から始めなくては...」
「自動化やAI理解できる社員が増えたらな...」

デジタルに強い人材育成を行うオンライン学習サービス『MENTER』が、そんなお悩みを解決します!

・マンガで楽しくインターネットについて学習
・ショートカットキーからAIの設計まで
・大手企業の導入事例/成功事例あり
・DX人材育成について相談/事例集請求/無料トライアル/ITリテラシー無料診断可能

MENTER紹介ページを‍見る
お問い合わせは ‍こちら

ITスキルアップ相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました