今さら聞けないデータベース(DB)とは?

ITリテラシー学習
ITリテラシー学習

ITにおいて「データベース」をよく耳にしますがそもそもデータベースとは何を指すのか?
今回はデータベースの概要と関連する用語をご紹介します。
*以降DataBaseをDBと略称します。

データベース(DB)とは

データベース(database / DB)とは検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まりのことです。 噛み砕いて言うと「WEB上のエクセル」とも言えます。
データベースには8つの特徴があります。Excelとは異なる点です。

1.正確性(正確である)
2.整合性(整合性がとれている)
3.スピード(スピーディーに引き出せる)
4.一元化(一元的に管理されている)
5.共有(多くの人間で共有できる)
6.セキュリティ(不正に使われないように守られている)
7.容易性(簡単に取り扱え、加工ができる)
8.可用性(必要な時にいつでも取り出せる)

データベースには上記8つの特徴を満たすため、作成する際にあらかじめルールが定義されています。
例)日付形式、文字列の長さ、空欄の可否…など
会員登録などで「氏名カナ」を半角で入れるべきところ全角で入力するとエラーとなるのは、データベースの定義で「氏名カナ」の項目は「半角」のみに設定されているため起こるエラーです。

データベース用語

以下はデータベースの顧客テーブル定義書のサンプルです。
データベースはWEB上のエクセルブックのようなものです。テーブルとは、エクセルでいう「シート」のようなもので、データベースは顧客テーブル、商品テーブルといったデータの種類やプログラムの利便性を考慮した複数のテーブルで形成されます。

カラム:エクセルでいう列です。データベースではカラムごとに、データ型やデータの長さ、必須項目かどうかなどを定義します。
論理名:人にわかりやすく付けた名前です。
物理名:コンピューターが判断するための名前です。
型(データ型):入力する際のデータ型が整数(数字)なのか、文字なのかなどを規定します。
長さ:入力するデータの長さ(文字数)を規定します。
小数:小数点以下が入る場合に設定します。
PrimaryKey:主キーとも呼ばれ、テーブルの中で重複しない番号です。1テーブルにつき1カラムしか設定できません。
NotNull:必須項目、入力がないとエラーとなります。
UNIQUE:ユニークキー、既にデータベース上に存在する内容を入れようとすとエラーとなります。
ForeignKey:外部キーとも呼ばれ、選択項目に設定します。
AutoIncrement:既にデータベース上に存在する最大値の次の値を自動発番します。PrimaryKeyとセットで設定され、1テーブルにつき1カラムしか設定できません。
初期値:予め初期値を設定する場合に指定します

POINT

データベースを作成する際には必ずテーブル定義書を作成します。定義書の記載通りのデータ以外を入力しようとするとエラーになりますので注意しましょう。

menter_logo

[転職希望者限定]
『MENTER PERSONAL』
3ヶ月間 0円キャンペーン!!

「MENTER PERSONAL (メンターパーソナル)」は、ITスキルを身につけることでこれまで未経験であった職種への転職、副業、独立、スキルアップを支援するサービスです。
転職希望者に限り3ヶ月間サービスを0円でご利用頂けるキャンペーンを実施中!

*教材/リモート面談/転職支援サービスを提供
*キャンペーン適用条件1:WHITE㈱の転職支援サービス利用
*キャンペーン適用条件2:期間内に指定カリキュラムの受講
*適用条件に満たない場合はサービス提供中断させて頂く場合がございます(料金請求することはありませんのでご安心ください)

店舗販売員、飲食業などオフィスワーク未経験から転職も。
サービス詳細や転職成功者のストーリーを‍見る
*お問い合わせ時に「ブログを見た」と備考欄に入力ください。

menter_logo

[法人向け]
文系DX人材育成なら『MENTER』

「うちの会社はITリテラシーが低い...」
「DXを行うには人材育成から始めなくては...」
「自動化やAI理解できる社員が増えたらな...」

デジタルに強い人材育成を行うオンライン学習サービス『MENTER』が、そんなお悩みを解決します!

・マンガで楽しくインターネットについて学習
・ショートカットキーからAIの設計まで
・大手企業の導入事例/成功事例あり
・DX人材育成について相談/事例集請求/無料トライアル/ITリテラシー無料診断可能

MENTER紹介ページを‍見る
お問い合わせは ‍こちら

ITスキルアップ相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました