[Slack講座09] Slackの使い方|ワークスペースとSlackコネクト

ITリテラシー学習
ITリテラシー学習

はじめに

Slackを使ううえで、最初に作成するのが「ワークスペース」です。ここでは、ワークスペースの概念と作り方について解説していきます。

また、ワークスペースは企業など特定の組織内で構成するものですが、組織間でSlack上のやり取りをすることのできる機能として、「Slackコネクト」というものがあります。ここでは、「Slackコネクト」についても解説していきます。

ワークスペースとは

「ワークスペース」とは、組織や企業など、大きな単位でのグループです。

そのため、Slackを利用する時にはまずワークスペースを作成する必要があります。

逆に言えば、組織の代表者が一度ワークスペースを作ってしまえば、新たに作る必要はありません。

「ワークスペース」は組織全体が所属する最大単位のグループで、その下にプロジェクトやチーム、部署といったより小さいグループとして「チャンネル」や個人間の「ダイレクトメッセージ」が含まれてきます。

ワークスペースの作り方は、次の記事を参考にしてください。

[Slack講座02] Slackのアカウント作成と画像設定方法
はじめに社内のコミュニケーションツールとして注目を集めているSlack。ここでは、そのアカウント作成手順と、プロフィール画像の設定方法について解説していきます。Slackのアカウント作成方法まずは、Slackのトップページにアクセスし、右上

ワークスペースへの招待と参加の仕方

ワークスペースを作成したら、メンバーをそのワークスペースに参加させる必要があります。

ワークスペースにメンバーを参加させるには、「招待」を送信し、相手がそれに応じる必要があります。ここではその手順について解説していきます。

まず、ワークスペースにサインインしている状態で、招待を送信しましょう。

画面左側のメニューの中からワークスペース名をクリックします。

すると、ワークスペースの詳細や設定画面が表示されるため、「メンバーを以下に招待」を選択します。

招待を送るための画面が表示されます。今回は、メールを送信する形での招待をご紹介します。メールアドレスを入力し、「送信」を選択すると、入力したアドレス宛に招待メールが送信されます。

また、GSuiteとの連携や、招待リンクを直接共有することでも招待を送ることが可能です。

送信が完了すると、次のような画面が表示されます。

これで、招待の手続きは完了です!

ここからは、招待を受けた側の操作です。

招待されると、次のようなメールを受信します。「今すぐ参加」を選択しましょう。

「今すぐ参加」を選択すると、アカウントの作成画面に移行します。

メールアドレスだけでなく、GoogleアカウントとAppleIDでの利用も可能です。その場合、Google、Appleのアカウント認証画面へと移行します。

アカウントの作成ができれば、ワークスペースへの参加ができます。

これで、ワークスペースにメンバーを追加することができました!

Slackコネクトとは?

最後に、「Slackコネクト」という機能についてご紹介しておきます。

通常、あるユーザーは特定のワークスペースに所属しています。そのワークスペースは、1つの組織のメンバーのみが参加可能なワークスペースなので、Slack上で他の組織に参画するためには、また別のワークスペースに入らなければなりません。

しかし、外部のメンバーをワークスペースに招待することには、情報の漏えいなどのリスクも伴います。

「Slackコネクト」は、「ワークスペースをまたいでチャンネルを作成・利用することができる機能」です。

例えば、A社のワークスペースである「ワークスペースA」に所属する人が、B社のワークスペース「ワークスペースB」に参加することなく、Slack上でやり取りを行うことができます。

「Slackコネクト」を使えば、「ワークスペースA」と「ワークスペースB」とにまたがったチャンネルを使用したり、DMを送ったりすることができるのです。

このチャンネルを使って、A社とB社でメッセージやファイルをやり取りしたり、ビデオ会議を開いたり、といった使い方ができるようになります。

「Slackコネクト」は、両組織で有料版の契約をしている必要があります。

その他にも便利な機能が使えるようになるため、企業でSlackを導入する場合には有料版の利用をおすすめします!

おわりに

この記事では、ワークスペースとSlackコネクトの概要、ワークスペースへの招待と参加の仕方について解説してきました。

ワークスペースは、Slackの基本となる機能です。作成方法だけでなく、メンバーの招待方法についてもおさえておきましょう。

また、Slackコネクトは組織をまたいでSlack上でやり取りができる便利な機能です。

企業でSlackを利用する場合には、有料版での契約を検討しましょう!

menter_logo

[転職希望者限定]
『MENTER PERSONAL』
3ヶ月間 0円キャンペーン!!

「MENTER PERSONAL (メンターパーソナル)」は、ITスキルを身につけることでこれまで未経験であった職種への転職、副業、独立、スキルアップを支援するサービスです。
転職希望者に限り3ヶ月間サービスを0円でご利用頂けるキャンペーンを実施中!

*教材/リモート面談/転職支援サービスを提供
*キャンペーン適用条件1:WHITE㈱の転職支援サービス利用
*キャンペーン適用条件2:期間内に指定カリキュラムの受講
*適用条件に満たない場合はサービス提供中断させて頂く場合がございます(料金請求することはありませんのでご安心ください)

店舗販売員、飲食業などオフィスワーク未経験から転職も。
サービス詳細や転職成功者のストーリーを‍見る
*お問い合わせ時に「ブログを見た」と備考欄に入力ください。

menter_logo

[法人向け]
文系DX人材育成なら『MENTER』

「うちの会社はITリテラシーが低い...」
「DXを行うには人材育成から始めなくては...」
「自動化やAI理解できる社員が増えたらな...」

デジタルに強い人材育成を行うオンライン学習サービス『MENTER』が、そんなお悩みを解決します!

・マンガで楽しくインターネットについて学習
・ショートカットキーからAIの設計まで
・大手企業の導入事例/成功事例あり
・DX人材育成について相談/事例集請求/無料トライアル/ITリテラシー無料診断可能

MENTER紹介ページを‍見る
お問い合わせは ‍こちら

ITスキルアップ相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました