競合分析をする方法4選

ITリテラシー学習
ITリテラシー学習

企業には必ずといっていいほど競合が存在します。

同じ市場で争っている企業や、市場は違うが、業種が同じ企業も将来的に競合になり得ると想像できます。競合となるライバル企業を分析することで、自社の成功要因を導き出すことができます。

こちらの記事ではその競合分析や、競合調査に使えるツールをご紹介します。

1. 競合分析ツール

競合分析には様々なツールがあります。「SEOチェキ!」は対象サイトのURLを入力すると、対象サイトのメタ情報からリンクの数、使用されているキーワードの数や比率を確認できます。ページ中頃のサーバ・ドメインの項目では「ホスト名」や「ドメイン取得年月日」も確認することができます。

https://seocheki.net/

2. 類似サイト検索(Google)

無料で簡単に出来る競合調査方法があります。Googleの検索窓で「related:ドメイン」と入力すると、類似サイトをピックアップしてくれます。例えばYahoo! JAPANの類似サイトを探す場合は「related:www.yahoo.co.jp」と入力します。

https://www.google.co.jp/

3. related:ドメインで検索

Google検索で「related:ドメイン」と検索することで、対象の類似サイトを確認できます。例えばFacebookの類似サイトをGoogle検索で探す場合は「related:www.facebook.com(またはrelated:facebook.com)」と入力します。上位にはLinkedlnやTwitterが表示されました。このように自社のコーポレートサイトやWEBサービスを入力して競合サイトを調査してみましょう。

ただGoogleはあくまでWEBサイトの内容で判断しているため、実際には競合ではない企業のWEBサイトも表示されることがあります。あまり鵜呑みにしないようにしましょう。

4. 競合調査ツール

Googleの類似サイト検索以外にも競合を調査する際に有効なツールがあります。2つツールをご紹介します。

SimilarWeb

競合のWEBサイトの流入経路やシェア、オーガニックキーワード等の分析ができます。国内だけではなく、世界中のWEBサイトを分析できます。無料で利用することができますが、有料版になるとキーワード分析や年単位のトラフィックデータを確認することができます。

https://www.similarweb.com/ja

WooRank

WEBサイトのSEO対策を総合的に評価してくれるツールです。URLを入力するだけのため、手軽に利用できる割には、問題点などを詳細まで指摘してくれます。

https://www.woorank.com/

POINT

競合を調査するツールは多数リリースされており、競合を知ることで自社の強みを知ることができます。

menter_logo

[転職希望者限定]
『MENTER PERSONAL』
3ヶ月間 0円キャンペーン!!

「MENTER PERSONAL (メンターパーソナル)」は、ITスキルを身につけることでこれまで未経験であった職種への転職、副業、独立、スキルアップを支援するサービスです。
転職希望者に限り3ヶ月間サービスを0円でご利用頂けるキャンペーンを実施中!

*教材/リモート面談/転職支援サービスを提供
*キャンペーン適用条件1:WHITE㈱の転職支援サービス利用
*キャンペーン適用条件2:期間内に指定カリキュラムの受講
*適用条件に満たない場合はサービス提供中断させて頂く場合がございます(料金請求することはありませんのでご安心ください)

店舗販売員、飲食業などオフィスワーク未経験から転職も。
サービス詳細や転職成功者のストーリーを‍見る
*お問い合わせ時に「ブログを見た」と備考欄に入力ください。

menter_logo

[法人向け]
文系DX人材育成なら『MENTER』

「うちの会社はITリテラシーが低い...」
「DXを行うには人材育成から始めなくては...」
「自動化やAI理解できる社員が増えたらな...」

デジタルに強い人材育成を行うオンライン学習サービス『MENTER』が、そんなお悩みを解決します!

・マンガで楽しくインターネットについて学習
・ショートカットキーからAIの設計まで
・大手企業の導入事例/成功事例あり
・DX人材育成について相談/事例集請求/無料トライアル/ITリテラシー無料診断可能

MENTER紹介ページを‍見る
お問い合わせは ‍こちら

ITスキルアップ相談室

コメント

タイトルとURLをコピーしました